クレジットカード初心者のための使い方・作り方を紹介します!

皆さんは普段どのような支払い方法でお買い物をしていますか?
 

絶対現金派!という人、小銭を出すのが面倒で電子マネーを使っている人。最近はお財布を持たなくても過ごせてしまうほど、支払い方法がたくさんありますね。その中でも、多くの人が持っているのがクレジットカードです。
 

クレジットカードって使い方とかよくわからないし、本当に安心なの?
 

興味はあるけど、なんとなく敬遠しがち…
 

なんて人は、ちょっともったいないことをしているかも?
 

ここでは、クレジットカードの主な支払方法や簡単な説明、注意点、クレジットカードってどうやって作るの?などの基本的なことをお伝えしていきます。
 

1. クレジットカードの使い方・いろいろな支払い方法

 

クレジットカードには様々な支払い方法があります。
 

  • 一括払い
  • 分割払い
  • ボーナス払い
  • リボ払い
  •  

    聞いたことはあるけどよくわからない、なんて人のために、主な使い方と支払い方法を紹介していきます。

    ①一括払い

     

    一括払いとは、使った額が一度に全額口座から引き落とされる支払い方法です。
     

    欲しい商品をレジに持っていき、クレジットカードを現金の代わりに渡し、支払い方法を聞かれたら「一括で!」と伝えるだけ。小銭を探す手間もなく、お財布の中身も減らすことなく、欲しかった商品が買えます。
     

    お店によってはサインをしたり、クレジットカードを作るときに決めた暗証番号を入力する必要がありますが、それによって他人が勝手にカードを使ってしまうことを防いでいます。
     

    この流れはお店に出向いてクレジットカードでお買い物をする場合の基本になります。クレジットカードを渡して支払い方法を伝えるだけなので、簡単ですよね。
     

    しかもクレジットカードでお買い物をすると、今まではつかなかったポイントが利用額に応じてもらえるようになるのです。一括払いで支払えば、手数料もかかりません。つまり、支払いが簡単で手数料無料、ポイントがついてお得にお買い物ができるのです。
     

    ひと月に支払いきれない額のお買い物をしない限りは、一括払いがおすすめですね。

    ②分割払い

     

    分割払いとは、支払い額が指定した回数に分けて口座から引き落とされる支払い方法です。
     

    一括払いの時の流れで、支払方法を「○回払いで」と伝えるだけです。一括払いの時と同じように、ポイントももらえます。
     

    ただ、分割払いは手数料がかかってくる場合が多いので注意しましょう。クレジットカードによって手数料はばらつきがありますが、たいていのクレジットカードでは分割の回数が増えるごとに手数料も上がっていきます。
     

    一回の支払い額が減るなんて助かるわ!なんて分割払いを多用すると、思っていたより多額の手数料を支払う羽目になることもあります。
     

    そんなことがないように、クレジットカードの契約書にはしっかり目を通しましょう。クレジットカードによっては、二回の分割払いまでは手数料がかからないものもあるので、状況に応じて使い分けたいですね。

    ③ボーナス払い

     

    夏と冬のボーナス時期の、決められた月に口座から引き落とされる支払い方法です。
     

    ボーナス一回払いが基本ですが、クレジットカードによってはボーナス時期二回に分けて支払うことができるものもあります。パソコンなどのちょっと金額がするものを買った時など、ボーナスまで引き落とし日が延ばせるのはありがたいですね。
     

    注意点は、ボーナス払いは二回払いから手数料が発生する場合が多いこと。
     

    それと、クレジットカードによって設定されているひと月の利用限度額というものがあるのですが、ボーナス払いで支払った金額が引き落とされるまでは、その分利用限度額の枠が減るということです。
     

    例えば、ひと月の利用限度額が20万円のカードで17万円のお買い物をボーナス一回払いで支払った場合、そのお買い物での引き落としがされるまでの数か月は、月に3万円までしかそのクレジットカードでお買い物ができません。
     

    しっかり管理していれば問題ないのですが、引き落としまでに時間があるので、支払いが残っていることをすっかり忘れてお買い物をしすぎないようにも注意したいですね。

    ④リボ払い

     

    最近はCMでもよく流れているリボ払い。お得なようにも聞こえるけど一体どういうものなの?
     

    実際にクレジットカードを使っている人でも意外に知らない人が多いのがリボ払いです。
     

    簡単に説明すると、お買い物をした件数や金額にかかわらず、毎月一定の金額が口座から引き落とされる支払い方法のことです。
     

    クレジットカードを作った時にあらかじめ毎月の利用枠が設定されているので、支払いの時に「リボ払いで」と伝えれば翌月のリボ払いでの引き落としはその利用枠の金額までとなります。
     

    例えば、リボ払いの利用枠が3万円のクレジットカードで、4万円のお買い物をリボ払いで支払った場合翌月引き落とされるのは3万円になり、残り1万円の支払いは翌々月に手数料を上乗せされて引き落とされます。
     

    毎月一定の金額が口座から引き落とされるといっても、利用枠を超えないお買い物しかしなかった場合は手数料もかからず、もちろん使った金額までの引き落とししかされません。
     

    クレジットカードを作った時にあらかじめ設定されているリボ払いの利用枠は変更することができるので、毎月の支払い額を減らすこともできます。しかし支払いを長引かせるほど手数料がかかってくるので気を付けましょう。
     

    このように、クレジットカードにはいろいろな支払い方法があります。共通しているのは、
     

  • 使い方、支払い方がとても簡単
  • 支払い額に応じてポイントが貯まる
  • 支払いを複数回に分けるほど手数料がかかる
  •  

    ということですね。
     

    基本的には手数料無料の一括払いでのお買い物が主な支払い方法になるので、今までは貯まらなかったポイント利用してお得にお買い物を楽しみましょう。

    2. クレジットカードの注意点

     

    クレジットカードは便利な反面、注意しておきたいこともいくつかあります。

    ①つい、使いすぎてしまう

     

    クレジットカードはお店で提示すれば、サインや暗証番号の入力だけでお買い物ができる便利なものです。その代わり、現金に触れることなくお買い物ができてしまうので、お金を支払ったという感覚が鈍ってつい使いすぎてしまう人もいます。
     

    クレジットカードに慣れるまでは、予算を決めてお財布に現金を入れておいて、カードで使った分だけ後で抜くなどして感覚をつかむといいかもしれませんね。
     

    クレジットカードを契約すると利用明細書が届くようになるので、家計簿をつけるのも楽になりますよ。

    ②不正利用

     

    クレジットカードで最も気を付けたいのが、他人による不正利用です。
     

    財布を落としたり盗まれたり、最近ではカード情報を勝手に読み込んでしまうスキミングなんてものも出てきました。悪意がなくても、レジで誤って二重に決算されてしまう可能性もあります。
     

    ですが、大体のクレジットカードには保険がついているので、クレジットカードの契約書をしっかり確認しておきましょう。対処法としては、毎月必ず利用明細をチェックすること。意外なところでの損害にも気づけます。
     

    もし落としたり盗まれてしまったときは、すぐにカード会社に連絡して、カードを止めてもらいましょう。
     

    係りの方が親切に対応してくれます。便利な分危険もありますが、危険な分の保証もしっかりしているクレジットカードを選びたいですね。

    ③クレジットカードの違い

     

    クレジットカードは様々な会社から発行されています。イオンカードだったり楽天カードだったり…。CMを見ているだけでもいろいろなクレジットカードが紹介されていますよね。
     

    クレジットカードは何を作っても全く同じなわけではなく、
     

  • 年会費がかかるもの
  • 年会費がかからないもの
  • ポイントがつきやすいもの
  • ポイントがつきにくい代わりに優待特典がつくもの
  •  

    など、自分のお店を利用してもらおうと様々なサービス内容のクレジットカードが作られています。
     

    もらえるポイントだけに目を向けるのではなく、そのクレジットカードが自分にとって本当にお得なのかをよく考えることが大切です。自分にとってベストな一枚を作りましょう。
     

    欲しいサービス内容が絞り切れない場合は、それぞれの用途に合わせて複数枚クレジットカードを作ることもできますが、できるだけ少ない枚数でまとめて管理するほうがポイントが分散せずお得な場合が多いです。

    3. クレジットカードの作り方

     

    お得で便利なクレジットカードですが、作り方は大きく分けて2種類あります。

    ①店頭で申し込む

     

    お店でお買い物をしているときに、やたら目立つ場所でやたら目立つプラカードを持ってやたら
     

    「クレジットカードはお持ちですか?」
     

    と声をかけてくる店員さんを見たことはありませんか?
     

    なんとなく捕まったら面倒な気がして避けてしまいがちですが、あの人たちは怪しいものを売りつけてくる危ない人ではありません。
     

    「ここのお店のクレジットカードを作りませんか?ここのお店のクレジットカードを作ればこんなにお得ですよ。」
     

    まとめると大体こんなことを言っています。
     

    実際よくお買い物をするお店であれば、そのお店でのお買い物はポイントがつきやすかったり、クレジットカードを作れば商品券をプレゼントしてくれることもあるので、一度足を止めて話を聞いてみるのもいいでしょう。
     

    書類での申し込みになるのでわかりやすく、店員さんも親切に教えてくれます。

    ②インターネットで申し込む

     

    お店のホームページから情報を入力してクレジットカードを作ることもできます。必要な情報を調べたりいろいろなクレジットカードを比較しながらゆっくり申し込みできるので、落ち着いて作業したい人におススメです。
     

    書類の郵送期間が省略できるので、クレジットカードが出来上がるまでの時間が圧倒的に早いのも特徴です。
     

    店頭で申し込むときと同じように特典がつく場合が多いのですが、店頭での申し込みとインターネットでの申し込みでは特典の内容が違うことも多いので、よく比較して申し込みたいですね。
     

    まとめ

     

    ここまでクレジットカードについてお伝えしてきましたが、

    多くの人が持っているということはそれだけ魅力があるものだということです。
     

    まず自分にとって一番お得だと思うカードを、一番お得な方法で作る。
     

    支払い方法では、ひと月に支払いきれないような大きなお買い物をしない限り、一括払いで手数料無料な支払い方法がお得です。
     

    そして、クレジットカードの契約内容や利用明細には必ず目を通す。落としたり、よくわからないところから引き落としがあればすぐにカード会社に連絡する。
     

    これだけ押さえておけば、安心してクレジットカードを使っていただけると思います。
     

    今までより簡単、便利に支払いができるクレジットカードで、お得にお買い物を楽しみましょう。