JCBカードオリジナルシリーズ

皆さんはどんな基準でクレジットカードを選んでいますか?
 

今では様々な企業が発行しているので、たくさん種類があって悩んでしまう人も多いです。
 

中でも一番ニーズがあるのは、
 

「普段のお買い物をお得にしたい!」
 

という声に応えた、ポイントの還元率が高いことを売りにしているクレジットカードです。
 

1枚目のクレジットカードとして選ぶのであれば、やっぱりお得さは外せませんよね。
 

ただ、ポイントの還元率に特化したクレジットカードは、とても便利でありがたい反面、どうしても生活感がにじみ出てしまいます。
 

ビジネスシーンや、気になっていた異性とのデート中など、
 

「お得感満載なクレジットカードではちょっとね…。」
 

という場面は意外にもたくさんあります。
 

そんな時のために、どこで使っても恥ずかしくないクレジットカードとして、JCBカードオリジナルシリーズを1枚持ってみるのはいかがですか?
 

国際ブランドとして有名なJCBが発行しているクレジットカードなら、どんなシチュエーションでも堂々と利用することができますよ。
 

この記事では、JCBカードオリジナルシリーズの特徴やサービス、JCBオリジナルシリーズにはどんなクレジットカードがあるのかを詳しく紹介していきます。

 

1.JCBカードオリジナルシリーズの特徴とは?

JCBカードオリジナルシリーズには、国際ブランドであるJCBが発行しているからこその特徴が、たくさんあります。
 

①JCBカードはプロパーカード!

 

「JCBカードだったら、私も持ってるわよ!」
 

と思った人もいるかもしれませんが、ロゴが入っていたとしても、JCBが直接発行したクレジットカードだとは限りません。
 

多くの人が持っている、近所のお店やネットショップの会社から発行されたクレジットカードの中には、JCBのロゴが入っているものもありますよね。
 

そういったクレジットカードは、それぞれの企業が国際ブランドと提携して、国際ブランドの決算システムを借りることで発行しているクレジットカードとなり、提携カードと呼ばれています。
 

それとは別に、国際ブランドが単体で発行しているクレジットカードのことを、プロパーカードと呼ぶんです。
 

「じゃあ、VISAとMasterCardもプロパーカードを発行してるの?」
 

というと、実はVISAもMasterCardも、単体ではクレジットカードを発行していないのです。
 

国際ブランドには、他にAMEXやダイナースがありますが、
 

「とりあえず、どんなシチュエーションでも恥ずかしくなければそれでいいかな?」
 

と思ってる人には、年会費が高めなのであまりおすすめできません。
 

国際ブランドの中では、JCBだけが日本のブランドになるので、できるだけ日本のものを使いたい人や、日本特有の充実したサービスを望んでいる人は、自然にJCBカードに落ち着く場合がほとんどになります。
 

②審査って厳しいの?

 

JCBカードは、国際ブランドが単体で発行しているプロパーカードになります。
 

一般的にクレジットカードの審査は、国際ブランドではなく、クレジットカードの発行会社が独自の基準で行っていることが多いです。
 

発行会社ができるだけ会員数を増やしたい場合などには、審査を甘く設定することができるんです。
 

ですが、国際ブランドが直接発行するプロパーカードの場合、審査は国際ブランド自体が行うことになります。
 

国際ブランドの審査は、クレジットカードを持っているというだけでステータスになった時代から変わっていないので、
 

「他のクレジットカードは問題なく作れたのに、なんでプロパーカードの審査には落ちたんだろう?
 

ということが起こるのです。
 

会員数を確保するために審査を甘くしている企業が多い中では、プロパーカードの審査は厳しく感じてしまうかもしれませんが、実はプロパーカード以外の審査が甘く設定されているんです。
 

JCBカードは、プロパーカードの中では作りやすい方なので、会社員で安定した収入があり、今までに未払いなどを起こしていないのであれば、発行される可能性は十分にありますよ。
 

③JCBカードにしかつかないサービスがたくさん!

 

日本の会社らしいきめ細やかなサービスが、JCBカードオリジナルシリーズにはたくさんついています。
 

・JCBプラザは海外でも日本語に対応!

 

JCBカードを持っている人の中には、海外旅行で使えるサービス面に魅力を感じて、長く愛用している人もたくさんいます。
 

特に、海外旅行で困るのは言葉が通じない時ですよね。
 

「ホテルを予約したいけど、どうすればいいかわからない…。」
 

なんて途方に暮れてしまった時、JCBカードを持っていれば、世界の60箇所に設置されているJCBプラザの利用が便利です。
 

もちろん日本語に対応しているので、安心していろいろなことを任せることができますよ。
 

JCBプラザのサービス内容としては、
 

・ご案内

JCB加盟店情報、観光情報

・ご予約

ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット など

・緊急サービス

JCBカードの紛失・盗難時のサポート

・Wi-Fi 無料サービス

 

等があります。
 

その国の観光情報から、ツアーやチケットの予約、ホテルまでおさえてくれるので、
 

「困ったらとりあえずJCBプラザに駆け込んでます!」
 

なんて人も多いですね。
 

・JCBプラザラウンジならくつろげる?

 

長期間の海外旅行では、どうしても疲れが溜まってしまいますよね。
 

日本語を話しながら、気を張らずにゆっくりしたい時もでてきます。
 

そんな時に便利なのが、日本人がよく行く都市の中心部に設置されている、JCBプラザラウンジです。
 

JCBプラザラウンジでは、JCBプラザでのサービスに加え、
 

・インターネット、プリントアウト無料サービス

・日本語新聞、雑誌の閲覧

・現地ガイドブック、情報誌の閲覧

・ドリンクサービス

・マッサージ機

・レンタル傘サービス

・お荷物の当日中一時預かりサービス

 

等のサービスが用意されています。
 

日本語の新聞や雑誌があるのは嬉しいですね。
 

ドリンクやマッサージ機も用意されているなんて、まさに至れり尽くせり。
 

荷物の一時預かりサービスは、数日間の海外旅行でも非常に助かるサービスになっています。
 

「ホテルのチェックインの時間までまだあるけど、それまで大荷物を担ぎっぱなしはちょっとつらいわ…。」
 

なんて時には、遠慮なく利用させてもらいましょう。
 

・困ったらすぐにJCBプラザコールセンター!

 

JCBプラザもJCBプラザラウンジもありがたいのですが、24時間空いているわけではないのがちょっと残念。
 

あると嬉しいサービスは受けられませんが、無いと困るサービスもありますよね。
 

例えば海外で急病にかかったり、クレジットカードを盗まれてしまった場合などは、言葉が通じるのはもちろん、夜中でも素早い対応が求められます。
 

そんな時にありがたいのは、24時間対応の電話サポート、JCBプラザコールセンターです。
 

JCBプラザコールセンターのサービスは、
 

・現地医師、病院のご案内

・クレジットカード、パスポートの紛失・盗難時の手続きのご案内

・事故・トラブル時の現地警察・医療機関・保険会社等への手続きのご案内

・上の1~3に関する緊急時の通訳サポート(英語⇔日本語のみ)など

・その他緊急時のお問い合わせ案内

 

となっています。
 

英語⇔日本語の通訳をしてくれるので、
 

「日用英語はわかるけど、専門用語まではさっぱりわからない…。」
 

なんて時も安心ですね。
 

2.JCBカードオリジナルシリーズにはどんな種類があるの?

 

オリジナルシリーズという言葉の通り、JCBカードにはいくつかの種類があります。
 

その中でも代表的なカードを紹介していきます。
 

①最もスタンダードなJCB一般カード!

対象が最も広く、一番人気が高いのがJCB一般カードです。
 

まず、気になる年会費は1,250円(税別)となっていますが、ネットから申し込みをすると、最初の1年は年会費が無料になります。
 

「せっかくクレジットカードを持つんだから、やっぱり普段のお買い物もお得にしたい!」
 

と思っている人がほとんどなので、使いなれるまでの1年が年会費無料になるのは嬉しいですね。
 

それに、JCBカードで年間合計50万円以上のお買い物をすると、次の年も年会費が無料になります。
 

プロパーカードとしてのステータスを保ちながら、月に42000円ほどの支払いで年会費が無料だなんて、他を探してもなかなかありませんよ。
 

ちなみに、家族カードを作ることもできるのですが、元になっているクレジットカードが年会費無料な状態の場合、家族カードも無料で持つことができます。
 

年会費をかけずに持っている人も多い中、旅行先での傷害保険などがしっかり用意されているのも、さすがと言えますね。
 

②JCBゴールドカードは年会費無料になる?

JCB一般ゴールドカード
 

JCBゴールドカードは、一般カードのゴールドバージョンとなっています。
 

年会費はゴールドカードというだけあって10,000円(税別)ですが、プロパーカードのゴールドカードとしてはかなり安く設定されている印象ですね。
 

一般カードと同じく、ネットから申し込みをした場合、最初の1年は年会費を無料で持つことができます。
 

家族カードは1人目無料、2人目以降は1人につき1,000円(税別)と、一般カードとは値段の設定が変わってくるので注意が必要です。
 

申し込み対象は18歳以上でなく、20歳以上となっているので、
 

「18歳になったから早速申し込みしてみよう!」
 

なんて申し込みをしてしまうと、審査に落ちてしまうので気を付けてください。
 

JCBゴールドカードは、学生の人は対象外となってしまいますが、家族カードであれば、高校生を除いた18歳以上が持つことができますよ。
 

年会費がかかる分、ショッピングガード保険が充実しているのがポイントになります。
 

③29歳以下ならJCB CARD EXTAGEがお得!

JCBカードEXTAGE
 

「若いうちからJCBカードを使ってもらおう!」
 

という囲い込みの考えから、JCBも若い人向けのお得なクレジットカードを発行しています。
 

もちろん年会費は無料で、高校生を除く18歳以上29歳以下であれば誰でも申し込みをすることができるんですよ。
 

若い人向けのクレジットカードの中でも、対象になる年齢層が広めに設定されている上、学生でなくても申し込みができるのが嬉しいですね。
 

「せっかく持つなら好みのデザインを選びたい!」
 

なんて声に応えて、デザインも四種類用意されています。
 

海外での旅行傷害保険やショッピングガード保険もついているので、卒業旅行で海外に行く人にもおすすめなカードです。
 

④29歳以下用のゴールドカード JCB GOLD EXTAGE!

JCBカードGOLDEXTAGE
 

29歳以下の人向けのゴールドカードも発行されています。
 

年会費は1年目が無料、2年目以降は3,000円(税別)となっていて、JCB GOLD EXTAGEもゴールドカードの割にはお手頃な印象ですね。
 

20歳以上29歳以下が申し込み対象なのですが、学生は対象外になってしまいます。
 

本人に収入があることが大切なポイントになるので、学生のうちはJCB CARD EXTAGEでクレヒスを積み上げるのがおすすめです。
 

若い人向けとはいえ、ゴールドカードな分保険が充実しているので、
 

「保険はやっぱりしっかりしていてほしい!」
 

なんて人でも、安心して利用することができますよ。
 

まとめ

 

普段のお買い物をお得にしてくれるクレジットカードもいいですが、やっぱりそれなりの年齢になってきたら、たしなみとしてクレジットカードを使い分けられるようになりたいですね。
 

プロパーカードは人の眼を気にすることなく使うことができる上、JCB一般カードであれば年会費を無料で持ち続けることができます。
 

29歳以下であれば、JCB CARD EXTAGEを使わない手はありません。
 

ゴールドカードが欲しい場合には、若いうちや学生のうちに、JCB一般カードやJCB CARD EXTAGEを作っておき、クレヒスを積み上げて機会をうかがうのがおすすめですよ。
 

海外旅行に行くときには、JCBプラザやJCBプラザラウンジをぜひ利用してみてくださいね。