現金を持ち歩かなくてもお買い物ができるクレジットカードはとても便利な道具ですが、カード情報だけでお買い物ができる仕組みから、情報が漏れると悪用されてしまうリスクも潜んでいます。
 

カード情報を不正に得るための手段はどんどん多様化していき、

巧妙な手口で多くのカード情報を読み取られてしまうこともあるので、「怖くてクレジットカードは作らないの。」なんて人も少なくありません。
 

本来は便利でお得なものなので、犯罪に負けて使えないのはとても残念ですよね。
 

カード情報が漏れてしまうシチュエーションの中には、防ぐ方法がある場合も実は多いのです。
 

ここではカード情報が知られてしまう状況と防ぎ方を、万が一の対処法とあわせて詳しく紹介していきます。
 

1.どんな方法で不正利用されることが多いの?

 

クレジットカードにはカード番号やセキュリティコードなどさまざまな情報が記載されていて、情報を提示することで料金の支払いができます。
 

インターネットでお買い物をするとわかりやすいのですが、カードで支払おうとした時に入力しなければいけない項目は、全てクレジットカードに記載されているので、裏を返せば、その情報さえあればお買い物ができるということです。
 

不正利用を狙う人はカード本体ではなく、カード情報を狙っていると言っても過言ではありません。
 

①インターネットでは情報が流出しやすい!

 

ネットショップではカードを提示しなくてもお買い物ができるように、カード本体が無くてもカード情報さえあれば不正利用ができてしまいます。
 

直接カードを盗むよりはカード情報だけ盗むほうが簡単で持ち主に分かりづらいので、ネットを使ってカード情報を盗む方法が現在も多様化し続けているのです。
 

中でも代表的なのがフィッシング詐欺で、

カード会社や銀行を名乗り偽者のサイトでカード情報を入力させます。
 

「口座を作った覚えがない銀行から、URLが掲載されたメールが届いたことがあるわ!」
 

なんて人もいて、本物のホームページととてもよく似せて作られているので、ネットやクレジットカードの扱いに不慣れな人が騙されやすい詐欺です。
 

ネットの扱いに慣れていても油断できないものもあります。
 

パソコンに詳しい人が増えている現在では、次々に巧妙なウイルスが開発されていて、メールに添付されたファイルやネットから感染してしまうと、どうしたらいいかわからなくなる人もいるのではないでしょうか?
 

あまりパソコンに詳しくない女性が被害にあうことが多く、特にウイルス対策ソフトを入れていない人は注意が必要です。
 

ウイルスに感染するのは自分のパソコンだけでなく、お買い物をしたことがあるお店のパソコンが感染してしまう可能性もゼロとは言えません。
 

お店の情報が不正アクセスによって覗かれてしまう場合があることも覚えておいてください。

②犯人はこんなところでもカード番号を狙っている!

 

カード情報はネットを通して流出することが多いのですが、実はお店やATMでも読み取れてしまいます。
 

クレジットカードをお店のレジに通すことで支払いができるのは、カードリーダーが磁気ストライプからカード情報を読み取るからです。
 

レジやATMのカード挿入口にスキマーという装置を取り付けることでカード情報を読み取ることをスキミングと言い、ぱっと見ただけではわからないほど元々の挿入口になじむように作られています。
 

カード情報だけを読み取るのでカード本体は手元に残り、
 

「ネットでお買い物したわけでも、カードを盗まれたわけでもないのに不正利用されちゃった!」
 

なんて場合はスキミングを疑ってもいいかもしれません。
 

日本ではお店が故意にスキマーを利用することはまずありませんが、多くの人が利用するATMなどは狙われやすくなっています。
 

直接自宅を訪れて巧みに嘘を言い、目の前でカードをスキマーに通して情報を盗む場合もあるので、不審な人にはクレジットカードを渡さないことが大切です。
 

③盗難や海外での利用にも注意が必要!

 

外出中にネットで欲しいものを見つけ、その場でカード情報を入力してお買い物をしたことがある人も増えてきています。
 

1人で個室にいる時ならまだいいのですが、

不正利用をたくらむ人が背後にいる危険性があることも覚えておいてください。
 

画面の大きな端末が増えており、覗き見でも十分に情報を得られてしまいます。
 

「この人は今、クレジットカードを持っている。」
 

と認識されてしまうことで、ひったくりなどの盗難被害にあってしまいかねません。
 

特に海外ではスリが日常的に行われている場所もあります。
 

お店でも個人がやっているようなところは、スキミングやカードがすり替えられてしまう危険も潜んでいるので、ひと時も目を離さずに管理することが必要と言えるのではないでしょうか?

2.身に覚えのない請求が届いたらどうすればいい?

 

万が一クレジットカードを不正利用されてしまった場合は、次の被害を防ぐためにも迅速に対処します。
 

あらかじめ対処法を頭に入れておくことで、何かあっても冷静に判断できますよ。
 

不正利用されてしまっても、多くの場合はカード会社が被害金額を補償してくれますが、補償の対象外になってしまう理由も合わせて覚えておきたいところです。

①すぐにカード会社へ電話することが大切!

 

クレジットカードが不正利用される前に、カード情報が漏れていると気づくことはほとんどありません。
 

「そんなにお買い物をしたわけじゃないのに、利用限度額が上限に達してカードが使えない!」
 

ということが起こってから不正利用に気づく人や、
 

「少額で気づかなかったけど、毎月の請求書に覚えのない項目があるのを見つけた。」
 

など時間が経ってから気づく人もいます。
 

そんな時はすぐカード会社に連絡を入れてください。
 

ほとんどの場合はカード会社が被害額を補償してくれ、手続きなども全て行ってくれるので心配いりませんよ。
 

補償を受けるための条件として警察からの受付番号が必要になるカードもあり、その場合はカード会社から警察に被害届けを出すように言われます。
 

時間がない人もいるかもしれませんが、面倒でも被害届けを出さないと補償してもらえません。

・補償されないときも連絡を!

 

もし被害額が補償されないとわかっている場合でも、カード会社に連絡をして利用停止手続きをしてください。
 

すばやく行動することで、次の不正利用を防げるのです。
 

カード会社に連絡をするときに大切なのは、被害を正しく伝えて利用停止手続きをしてもらうことで、間違って「解約」と伝えてしまうと、本当に解約されてしまいクレジットカードが使えなくなってしまいますよ。
 

②補償が受けられない場合があるって本当?

 

カードが不正利用されたからといって、

どんな場合でもカード会社が被害額を補償してくれるわけではありません。
 

補償の基準はクレジットカードを作る時に発行される規約に書いてあるので、よく目を通しておいてくださいね。
 

カード会社によって基準は違ってきますが、多くのカードで一致しているものを次に紹介していきます。
 

・契約者に過失があると保険がきかない

 

不正利用されても仕方ないような使い方をしていた場合は、補償の対象外になってしまうケースが多いです。
 

例えば暗証番号が簡単に他人にわかってしまうような扱いだった場合は、カードの持ち主に過失があったと判断されてしまいます。
 

自分から他人に暗証番号を教えたのであればもちろん、
 

「どうしても覚えられないから、暗証番号を書いたメモとカードを一緒に持ち歩いているの!」
 

なんて場合も対象外になってしまいますよ。
 

覚えられないからといって自分の誕生日や車のナンバーを暗証番号に設定すると、他人でも簡単に推測できてしまうので、この場合も対象外になります。
 

恋人や配偶者の誕生日なら推測されにくいと言われているので、誕生日なら自分以外のものを設定してくださいね。
 

カードの裏面のサインにも不正利用を防ぐ役割があります。
 

クレジットカードを作ると必ず裏面にサインを書く欄があるのですが、面倒で空欄のままにしている人はいませんか?
 

不正利用を防ぐために、店員の人はカードのサインとレシートのサインを確認するよう教育を受けているのですが、サインをしていないと自己責任という扱いになってしまいかねません。
 

家族が勝手に使ってしまった場合や、信頼している間柄であっても他人にカードを渡した場合は補償が受けられないので注意が必要です。

・手続きは期間内に行わないと対応してもらえない

 

不正利用についてカード会社とやり取りをする差異の手段は、基本的には電話です。
 

こちらから電話で不正利用されたことを伝えるか、もしくはカード会社から不正利用の疑いがあると電話がかかってくるのですが、その時の指示を聞き逃してしまうと、補償を受けるための手続きができないことがあります。
 

「手続きのために警察に被害届けを出して受付番号をもらってください。」
 

と言われたことを忘れてしまった場合など、故意に従わない場合以外は親切に対応してもらえることがほとんどですが、手続きが終わらなければ補償は受けられません。
 

補償してもらえるのは不正利用にあってから60日以内に申告した場合と定められています。
 

不正利用から61日以上経過していると補償の対象外とされてしまうので、普段から明細をこまめに確認したいですね。
 

カード会社に書類を提出しなければいけない場合も、不備がないよう丁寧に書くことが大切です。

3.自分でできる不正対策にはどんなものがあるの?

 

クレジットカードはどんどん巧妙になる手口によって不正利用される傾向にありますが、自分の心がけしだいで防げることが多いのもまた事実です。
 

間違った使い方さえしなければ被害にあっても補償してもらえます。
 

便利なクレジットカードを危険なものにしてしまわないために、どんな対策ができるのでしょうか?

①不正利用を防ぐためにネットとリアル両面で対策を!

 

まずはじめにチェックすべき点はネット上での流出を防ぐことです。
 

カード情報はインターネットから流出することが少なくありません。
 

特に個人が経営しているネットショップに多く、セキュリティが甘いショップには気をつけてください。
 

たまにカード番号をメールで送って支払う方式をとっているショップがあるのですが、セキュリティを考えると避けたほうが無難です。
 

不安を感じるショップでお買い物をする時は、カードではなく現金で支払うほうが安心できます。
 

利用していない銀行などから届く添付ファイルやURLがついたメールも開いてはいけません。
 

ウイルスに感染してしまっては対処が難しくなってしまうので、怪しいと感じたらメールアドレスをよく確認すると見分けやすいです。
 

判断に困ったら直接名乗られている銀行などに問い合わせるのも有効ですよ。
 

「こんなメールが出回っていますよ。」
 

と伝えることにもなり、相手側の被害を抑えることにも繋がります。

・情報はネット以外でも狙われている?

 

ネットだけでなく普段の生活でもカード情報が狙われているのを忘れないことです。
 

ネットを利用しない人のカード情報もさまざまな手段で狙われていますが、

盗難や覗き見は自分の隙から起こってしまうこともあるのを覚えておいてください。
 

スキミングについては防ぎようがないと思われがちですが、利用するATMを限定することでスキマーにいち早く気付けますよ。
 

海外でクレジットカードを使う機会が多い人は、その国の治安も意識しなければなりません。
 

日本より治安のいい国はあまり多いとは言えず、特に人の集まる場所や夜には犯罪が横行している地域もあります。
 

スリなどが多い地域へ旅行に行く場合は、あらゆる可能性を考え油断しないことが大切になってくるのではないでしょうか?
 

普段のちょっとした心がけで、たいていの不正利用は防げます。
 

一度カード情報が流出してしまうと面倒や不便を感じることも出てくるので、日頃から対策しておくのがポイントです。

②補償を受けるために押さえておくことは?

 

普段から不正利用されないために気をつけていても、技術の発達などでどうしても防ぎきれないことがあります。
 

そんな時でもクレジットカードの扱いに過失がなければ、カード会社が被害額を補償してくれるので安心してください。

・クレジットカードの利用方法を見直す

 

補償を受けるためにはクレジットカードの扱いが適切でなければいけません。
 

自分に過失がないことを証明する必要があります。
 

とはいっても肩肘張って細心の注意を払い続けなければいけないわけではなく、一般的な注意事項をきちんと守ればいいのです。
 

クレジットカードが届いたらすぐ裏面にサインをしてください。
 

きれいな文字で書く必要はなく、

むしろ自分にしか書けないような崩したサインの方が真似されにくいですよ。
 

恋人などが相手だと油断してしまいがちですが、暗証番号は誰にも教えてはいけません。
 

どれだけ信頼できる間柄でも、一度カードを他人に渡してしまうと、不正利用されても自己責任となってしまいます。
 

家族も例外ではなく、特に子供は親のカードがどこにしまってあるのかよく見ているので、
 

「まさか自分の子がそんなことするはずないわ!」
 

と油断していると痛い目にあうかもしれません。
 

カードと暗証番号の扱いには気をつけてください。
 

クレジットカードを利用したら利用明細をチェックする癖をつけておくと、被害を最小限にくい止められます。
 

怪しい利用履歴があると感じたらすぐにカード会社に連絡して、カードの利用停止手続きをするのが何より大切です。
 

不正利用されてから60日を過ぎると補償してもらえないので、リボ払いを設定していても普段使わないサブカードであっても、最低ひと月に一回は利用明細をチェックしたいですね。

・保険が充実したカードを選ぶ

 

万が一の備えがあるクレジットカードを選ぶのも、十分に補償を受けるためには欠かせない項目です。
 

ほとんどのクレジットカードにはショッピング保険というものがついていて、それによって不正利用されても被害額が補償されますが、たまにショッピング保険が付いていないものもあり、大きく注意事項として表示されていないのでよく確認してください。
 

ショッピング保険の内容もカード会社ごとに違いがあるので、万が一不正利用されてしまったときのために補償が手厚いカードを選ぶ人も多いですよ。
 

不正利用されてしまうとカード会社も困ってしまうため、近年さまざまな技術を導入して防ごうと努力しているのは知っている人もいるのではないでしょうか?
 

「新しいカードはいろんな機能がついたみたいで、よくわからないからいいや。」
 

などとあえて避けないようにしたいですね。
 

最近では珍しくなくなったICチップやセキュリティコードを導入しているカードでは、スキミングによる被害を防げます。
 

ネットショップを利用することが多い人なら、本物のカード番号を入力しなくてもお買い物ができるバーチャルカードが使えるものだと安心です。
 

利用するたびにメールでお知らせしてくれるサービスを行っているカード会社も増えてきました。
 

自分にとって納得できる機能がついたクレジットカードを選び、安心してお買い物を楽しんでくださいね。
 

普段からカードを利用している人は一度自分のカードについている補償内容を確認して、納得いかない場合は乗換えを検討するのも一つの手かもしれません。
 

正しく扱っていれば安心できる物だということを忘れないで!

 

クレジットカードはとても便利なものですが、

その仕組みを狙って不正利用をたくらむ人がいるのも現実です。
 

多くの不正利用は普段の心がけしだいで防げるので、「どんな方法でカード情報が狙われているか」、それに対して「自分でできることは何か」を知った上でクレジットカードを使いたいですね。
 

正しく扱うことで、もしもの時に補償してもらえることにも繋がります。
 

ほとんどのカード会社は不正利用への対策を考えていろいろな技術を導入しているので、不正利用された人への対応や補償内容を含めて安心できるクレジットカードを作ることが大切ですよ。
 

不正利用されないためのポイントと補償を受けるためのポイントをしっかり覚えておき、もし何かあっても慌てずに対応してくださいね。