エポスカードは首都圏を中心に展開する丸井でおなじみだと思いますが、実際に利用している人もいるのではないでしょうか?
 

若年層に人気が高いショッピングセンターが発行しているクレジットカードなので、年会費や入会金が無料で持ちやすいのが大きな魅力。
 

丸井はファッションを中心にレストランや雑貨などを取り扱うさまざまなお店と提携していて、
 

「カードを作ったお店以外ではポイントが使えなくて、思っていたより使い勝手が悪かった…。」
 

なんてことがない使いやすいカードです。
 

優待や保険なども充実していてお得さを実感しやすいエポスカード、今回はエポスカードのポイント還元率を上げる方法や注意点を含め、丸井での値引きや海外旅行傷害保険について詳しく解説していきます。
 

1.還元率を上げるにはポイントアップサイトだけでなくポイントの交換先が重要なの?

 

VISAのみの取り扱いになるエポスカードでは、VISAの加盟店でお買い物をすると200円につき1p貯まります。
 

リボ払いと3回以上の分割払いでは200円につき2pの付与になりますが、大切なのはポイントを交換した時の最終的な還元率です。

①たまるマーケットや優待サイトのエポトクプラザを使えばいろんなお店でお得!

 

ポイントアップサイトの「たまるマーケット」には、ネットショップや旅行会社など400店以上が登録されています。
 

いつものネットショップでお買い物をする時に、たまるマーケットを経由するだけでポイントが2~30倍になる仕組みになっていて、
 

  • 楽天
  • amazon
  • Yahoo!ショッピング
  •  

    などのネットショッピングモールやさまざまなジャンルのショップが登録されているため、一度自分のお気に入りのショップでどれだけポイントが貯まるか覗いてから申し込むと間違いありません。
     

    ネットショップではあまりお買い物しない人には「エポトクプラザ」という優待サイトが用意されています。
     

    実店舗でお買い物した時やネットでのチケット購入時に割引などさまざまな特典が受けられることから、それを目当てにエポスカードを作る人も多いかもしれませんね。
     

    エポスカードで支払わなくても、提示するだけで特典が受けられるお店もあるので、サブカードとして持ち歩いてみてはどうでしょうか?
     

    ②貯まったポイントは交換するものによって還元率が変わるためよく確認するのが大切!

     

    利用額に応じて貯まるポイントは交換先が豊富で、丸井の店舗ではもちろん商品券やオリジナルグッズなどに交換できます。
     

    その中でもエポスVISAプリペイドカードは1pからチャージできるためポイントが無駄になりづらく、さらに利用額の0.5%がキャッシュバックされることから還元率も決して少なくありません。
     

    丸井の店舗やたまるマーケットでは500p以上1p単位で利用できますし、メインカードとして使っている人にとってはかなり使い勝手がいいカードになりますよ。
     

    このようにポイント自体は貯めやすいのですが、商品券や他社ポイントに交換する時は、何ポイントでいくら分の物に交換できるかによって最終的な還元率が変わってしまうので注意が必要です。
     

    必要ポイント 移行金額
    商品券・ギフト券
    VJAギフトカード 1000p 1,000円
    クオカード
    マルイの商品券
    モンテローザお食事券 800p
    シダックスサービス券
    他社ポイント
    ANA SKYコイン 1000p 1000コイン
    ANAのマイル 500マイル
    JALのマイル

     

    他にも交換できるものはたくさん用意されているので、ポイントの使い道に困ることがないのがエポスカードの大きな魅力と言えます。
     

    2.値引きや海外旅行保険があるからポイント以外でもお得になるって本当?

     

    エポスカードはポイント以外でもサービスを充実させており、公式アプリでは丸井をよく利用する人におなじみの「マルコとマルオの7日間」の案内が見られたり、支払い額が簡単に確認できたりして便利です。

    ①「マルコとマルオの7日間」は丸井の店舗でも通信販売でも10%オフ!

     

    年に4回開催されるマルコとマルオの7日間は、丸井の店舗と「マルイウェブチャンネル」という通販サイトで開催されるエポスカード会員限定のセールです。
     

    期間中は全品10%OFFでお買い物ができ、マルイウェブチャンネルでは送料無料になるので直接店舗に行けない人でもお得になる点は見逃せません。
     

    そんなマルコとマルオの7日間を逃さないためには「エポスNet」を利用するのが一番で、エポスNetでは
     

    エポス Netは、月づきのお支払予定額やご利用履歴の照会をはじめ、お支払い方法の変更・エポスポイントの確認や交換・ご登録情報の変更などを24時間承る、べんりなオンラインサービスです。

     

    上記のとおりセール情報もいち早く見られますし、エポスカードがもっと使いやすくなりそうですよね。
     

    スマートフォンから確認したい場合はエポスNetの主な機能が利用できる公式アプリが用意されているので、カードの管理やセール情報の確認がいつでも手軽にできるのもポイントです。
     

    ②24時間対応のサポートデスクと自動付帯の海外旅行傷害保険で安心!

     

    クレジットカードに付帯されている旅行保険は、年会費が高いほど充実している傾向があります。
     

    無料で持てるカードの旅行保険は特定の条件を旅行前にクリアしていないと補償されない利用付帯のものが多いのですが、エポスカードはホームページで
     

    Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯。旅先でのケガやさまざまなトラブルを強力ガード!ご出発前のお届けやお手続きは一切不要。エポスカードをお忘れなくお持ちください。

     

    と紹介されているとおり、旅行に持って行けば補償される自動付帯です。
     

    海外旅行時にトラブルになりやすい、疾病や携行品損害を重視した補償内容になっているのが嬉しいところ。
     

    保険の種類 保険金額
    傷害死亡・後遺障害 最高500万円
    傷害治療費用 200万円

    (1事故の限度額)

    疾病治療費用 270万円

    (1疾病の限度額)

    賠償責任

    (免責なし)

    2000万円

    (1事故の限度額)

    救援者費用 100万円

    (1旅行・保険期間中の限度額)

    携行品損害

    (免責3,000円)

    20万円

    (1旅行・保険期間中の限度額)

     

    万が一事故などに遭ってしまった場合は「緊急医療アシスタンスサービス」が受けられ、電話をすれば24時間日本語で対応してもらえます。
     

    医療施設の紹介や遭難した場合の救助なども受けられますし、エポスカードを持っていれば安心して海外旅行に行けますよ。
     

    ポイント以外にもたくさんメリットがあるから丸井をあまり利用しない人にもおすすめ!

     

    若年層に人気がある丸井が発行しているエポスカードは、年会費や入会金がかからず誰でも持ちやすいカードです。
     

    ポイントアップサイトのたまるマーケットでは経由するだけで2~30倍のポイントが貯められますから、還元率UPに利用しない手はありません。
     

    商品券などに交換する時はできるだけ還元率が高くなるものを選んでくださいね。
     

    優待が受けられるエポトクプラザや自動付帯の海外旅行傷害保険など、魅力的なサービスが豊富に用意されているので、普段丸井をあまり利用しない人でもお得になりやすいです。
     

    マルコとマルオの7日間でのセールを含めポイント以外にもメリットが多いカードですし、メインカードとしてだけでなくサブカードとして持ち歩いてみてはどうでしょうか?