大丸カードと松坂屋カードはもともと別々のクレジットカードでしたが、統合以降は「大丸松坂屋カード」として1枚のカードになりました。
 

普段ネットショッピングやレストランなどでカードを使う方も多いと思いますが、中には大丸や松坂屋といった百貨店でお買い物しているという人もいるのではないでしょうか?
 

大丸松坂屋カードならこの両方でお得にお買い物ができるので、百貨店を利用する機会が多い人にとっては絶対に見逃せません。
 

百貨店ユーザーにはぜひおすすめしたい1枚ですし、利用の際に不安な点はひとつでも少ないほうが安心して使えますよね。
 

今回は大丸松坂屋カードをお得に使うコツ・利用上の注意点について紹介していきます。
 

1.年会費無料で持つ方法と、VISAとマスターカードの違いとは!

 

近所のスーパーのクレジットカードもお得さの面ではいいものかもしれませんが、百貨店のカードで支払うとまた少し違った気分でのお買い物が楽しめるだけでなく、
 

大丸松坂屋カードでは年会費を無料にする方法が用意されているので、人前で使うためのサブカードとしても優秀なカードです。

①2つの条件をクリアすれば年会費を無料で持ち続けられる!

 

百貨店のクレジットカードでは年会費がかかるものも珍しくなく、大丸松坂屋カードも2年目以降は税別1000円となっています。
 

長く持ち続けられるなら、初年度だけでなく継続して無料になるほうがお得さが増して嬉しいものです。
 

大丸百貨店カードは利用者を増やすため、条件をクリアすることで年会費無料で持ち続けられるようになっており、
 

具体的な条件とは
 

  • 「マイペイすリボ」に登録
  • 年1回以上クレジット決算があること

 

の2つなので難しくありませんよ。
 

マイペイすリボとは自分で支払い額を決められるリボ払いとなっていて、一括払いと同じように支払うこともできます。
 

設定した支払い額を超えたお買い物をしなければ手数料はかからず、
 

「年会費を無料にするためにマイペイすリボに登録しても、リボ払いの手数料がかかったら意味がないじゃない。」
 

と思っている人も安心して利用できるサービスです。
 

百貨店は年齢が上がるにつれて利用頻度が増えやすく、長い期間持ち続けるクレジットカードになるかもしれないので年会費はできるだけ抑えていきたいですね。
 

②海外キャッシングしたい場合はVISAを選ぼう!

 

国際ブランドはどれを選んでも違いがないと思われがちな面がある一方、海外キャッシングする場合は注意が必要です。
 

大丸松坂屋カードではVISAとマスターカードの2種類から選べますが、

海外キャッシングはVISAのみのサービスとなります。
(Mastercardは海外キャッシングの設定はございません。)

 

上記のとおりマスターカードを選択してしまうと海外キャッシングができません
 

常に多額の現金を持ち歩かなくていいから、海外旅行のときはいつも利用している方にとっては海外キャッシングができないと不便ですよね。
 

国際ブランド自体が提供するサービスもできるだけ便利になるように工夫されているので、海外利用まで視野に入れて大丸松坂屋カードを利用したいという人はVISAを選んでみてはどうでしょうか?
 

2.大丸と松坂屋のお得意様しかポイントの恩恵を受けられないの?

 

クレジットカードは発行元のお店とそれ以外のお店で還元率に差をつけているものがほとんどで、大丸松坂屋カードも例外ではありません。
 

ポイントの使い勝手も重要なカード選びの基準になるため、大丸や松坂屋の利用頻度とあわせて自分に合った使い方を理解しておきたいところです。
 

①ボーナスポイントとポイントアップセールを利用すれば還元率が上げられる!

 

大丸松坂屋カードのポイント還元率は、お買い物をするお店によって大きく違います。
 

付与ポイント ボーナス対象
大丸

松坂屋各店

普通商品 100円(本体価格)につき5ポイント

(5%の還元)

特価品・食品・

レストラン・喫茶

100円(本体価格)につき1ポイント

(1%の還元)

博多大丸 福岡天神店 100円(本体価格)につき1ポイント

(1%の還元)

×
通信販売 大丸松坂屋

オンラインショッピング

大丸・松坂屋に準じる
大丸・松坂屋通信販売

(カタログ、DMall.jp)

100円につき1ポイント

(月度締め合計額)

×
高知・下関・鳥取の各大丸

国内外のVisaまたはMastercard®の加盟店

200円〈税込〉につき1ポイント

(月度締め合計額)

×

 

一般加盟店では200円につき1ポイントの付与ですが、多くの大丸や松坂屋では100円につき5ポイントに跳ね上がり還元率は5%です。
 

対象店舗でお買い物をした場合は半年間の獲得ポイント数に応じてボーナスポイントがもらえ、
 

  • 5000~9999ポイント→対象ポイントの20%
  • 10000~14999ポイント→対象ポイントの50%
  • 15000ポイント以上→対象ポイントの100%
  •  

    といった感じで、半年間の利用額と併せてボーナスポイント対象店舗の利用額が多いほどたくさんポイントが還元される仕組みになっているのが分かりますね。
     

    できるだけ還元率5%の大丸や松坂屋でお買い物をして、定期的に開催されるポイントアップセールなどを上手に使い効率よくポイントを貯めるのが還元率を上げるコツだと言えます。

    ②ポイントの使い道が限られているから申し込む前に確認することが大切!

     

    大丸松坂屋のポイントはあまりいろいろなところで使えるわけではないので不便に感じるかもしれませんが、普段から大丸や松坂屋をよく利用している人なら大丈夫です。
     

    ポイント利用については、
     

    獲得されたポイントは、大丸・松坂屋各店や大丸松坂屋オンラインショッピングで1ポイント(1円)単位でご利用いただけます。

     

    となっていて、1ポイントも無駄にすることなく利用できるのも魅力です。
     

    ポイントはマイルにも交換でき、
     

    「JFRショッピングマイレージクラブ」にご登録されますと、大丸・松坂屋のクレジットカードで獲得されたポイントのうち、毎月、締め日(15日)の残ポイントをマイルに交換します。

     

    と紹介されています。
     

    もし実際に利用したい場合はJFRショッピングマイレージクラブに登録が必要なのと、登録には税別3000円の年会費がかかるのを忘れないようにしてくださいね。
     

    大丸や松坂屋をよく利用する人は上手に還元率を上げながらメインカードとして活躍させて!

     

    今回は大丸松坂屋カードの特徴やお得に使いこなす方法についてお話ししました。
     

    大丸松坂屋カードは百貨店のカードなので友達の前などで支払いをしても堂々としていられますし、年会費を無料にできるためサブカードとしても申し分ありません。
     

    年会費を無料にするにはマイペイすリボへの登録が必須ですが、手数料をかけずに使い続けられるのは大きなメリットです。
     

    大丸や松坂屋でよくお買い物をする人はポイントアップセールやボーナスポイントの制度を上手に利用することで、他のクレジットカードよりも大幅な還元率アップが見込めますよ。
     

    大丸松坂屋の1枚しか持たないという人は特に、国際ブランドによる違いにも目を向けながら利用してみてはどうでしょうか?